部活動紹介

部活名 写真部
画像
一言アピール 芸術性と記録の写真を追窮し、合宿も生徒が企画しての実施です
活動紹介

1学年10人という部員の人数制限をしております。理由は以下の通りです。                   

1、部費の徴収をせず、インク・プリント用紙・その他などを全て生徒会予算で賄っている。

2、掲示スペースのキャパシティが狭く、多人数だと作品発表の場が少なくなる。

3、部室が狭く、入りきれない。夏場は室内における熱中症の発生を防ぎたいので、スペースに余裕を持たせなければならない。         

①部費の徴収はありません。但し、「静高写真部」腕章は個人負担でお願いします。高校野球取材時に球場での撮影で義務付けられています。(草薙球場ほか、県内各地の球場。また、特に甲子園球場と明治神宮球場は規制が厳しいのです。)また、校内行事での各種撮影時についても、画像データの取材ということで普通の生徒が入れない場所にも立ち入ることがあります。その際、着用が必要になります。令和元年度は1500円でした。

②令和2年度から静岡県高校写真連盟の会費が個人負担となりました。写真教室・高文連コンクールの参加費に充当されます。金額が決定次第、ご連絡いたします。

③撮影旅行や撮影合宿を行います。行き先は部員がそれぞれ撮影旅行委員会や撮影合宿委員会を形成し、合議の上、決定します。参加は希望制で、過去の旅行では鎌倉、横浜、熱海、合宿では忍野八海、昇仙峡、箱根の実施例があります。

④卬高祭では「ピーターパン」のパン販売と展示を行います。これも委員会で合議し、生徒の自主運営になります。

⑤通常の部活動について                                         A、上記の如く、部員内で各種委員会(写真甲子園・写真部ウエア・新入生勧誘など適宜)を組織し、それぞれの仕事を受け持って部を全員で運営するようになっております。                                                 B、活動日は水曜日・金曜日で、狭いですが部室に集まって合議します。その他、個人的な撮影は各自のスケジュールに任せられています。                                        C、テスト前1週間は活動を停止します。(他の部活動と同じです。)                   D、高文連全国大会、写真甲子園(北海道)、その他各種コンクール入賞を目標とします。           E、撮影した作品は、本館2階視聴覚教室廊下に展示し、季節ごとに入替を行います。

部員数 3年=男子1人、女子9人 2年=男子3人、女子8人
活動時間 通常時
水曜日と金曜日 15:30~17:00

コンクール前
どんなに遅くとも19:00まで(全生徒の完全下校時間)

テスト前
完全休部
活動場所 2階写真部部室 各自の撮影場所
SNS等
年間活動計画  3年間活動計画表(写真部).pdf
主な活動実績

写真教室入賞(中部の各会場。静高以外は会場が持ち回り。)

東海フォトコンテスト入賞(名古屋ソニータワーにて表彰)

写真甲子園(ブロック予選準決勝敗退)

検索ワード